保護犬

杉本彩と犬・小梅の現在とその後は?ペットロスで保護犬の里親にならないの本当?

杉本彩 犬 小梅 現在 ペットロス 保護犬 里親
Pocket

動物を愛し、命の尊さを発信し続ける杉本彩さん。

多くの保護犬保護猫の里親になり愛情を注いでこられたのはご存じでしょうか?

自信も動物愛護福祉協会Evaの理事長として、動物愛護について講演会や著書を発売して活動されています。

そんな杉本彩さんの愛犬、元保護犬パピヨンの小梅ちゃんの存在はテレビにも出て有名ですよね。

愛犬小梅ちゃんは現在21歳の生涯を閉じ、その後愛してやまない小梅ちゃんを失った杉本彩さんがどうなっているのかも気になります。

続いて2匹の保護犬を亡くされた杉本彩さんは、現在ペットロスにはなっていないのでしょうか?

愛犬の死はとてもつらく、ペットロスになる方の気持ちも分かります。

現在保護犬の里親になっていない杉本彩さんの現在とその後を調べてみました。

 

杉本彩の犬・小梅ちゃんの現在とその後は?

杉本彩さんの愛犬・小梅ちゃんは、元保護犬のパピヨンです。

保護施設にいたときはすでに11歳で、繁殖犬として劣悪な環境にいたワンちゃんでした。

それから約10年、杉本彩さんの愛情を一心に受けて、なんと21歳まで大往生したんですよ!

hana
hana
これってほぼ奇跡かも!?

それでは杉本彩さんの愛犬小梅ちゃんの現在と、愛犬たちのその後も含めて調べてみました。

 

杉本彩の犬・小梅ちゃんは2020年2月末に虹の橋へ!

2011年に志村動物園に出演して、奇跡と感動を読んだ小梅ちゃんですが、2020年2月29日に虹の橋を渡りました。

なんと21歳の大往生!

杉本彩さんが里親になった時すでに11歳のシニア犬です。

私だったら正直5年一緒にいられたらいいところかなと考えてしまいました。

それが10年も一緒に過ごせたなんて、それだけで奇跡ではないでしょうか?

ずっとかなり劣悪な環境で暴力も振るわれていたらしい小梅ちゃんは、恐らく持病もあったんじゃないかと思います。

てんかんや腫瘍などの病気はあったそうですが、亡くなる3日前までしっかり自分の足で歩きご飯も食べ、ほとんど介護生活はなかったそうなんですよ。

ペルル
ペルル
21歳って人間でいうとほぼ100歳だワン!

名前にちなんでか、たくさん梅の花が咲いている季節に、杉本彩さんに看取られて旅立ったというんですから、恐らく幸せな10年だったのではないでしょうか。

 

杉本彩の犬・でんじろうちゃんときなこちゃんもお別れに!

杉本彩 犬 小梅 現在 ペットロス 保護犬 里親

小梅ちゃんの1周忌である2021年3月3日にフレブルのきなこちゃんが14歳で虹の橋を渡り、続いて翌月に続いてでんじろうちゃんも虹の橋を渡ったそうです。

何の因果か小梅ちゃんに続いて、猫のももじろうと犬2頭が旅立ちました。

2匹とも闘病生活をがんばり、コロナ禍の影響で杉本彩さんもじっくり看病をして看取ることができたとか。

それでもやっぱりどれだけできることをやったとしても、動物に対して100%満足の感情ではないと言います。

小梅ちゃんが奇跡的にご長寿だったからかもしれませんが、愛犬が続いて2頭とも旅立ったことへのお気持ちは計り知れません。

杉本彩さんのコラムで、優しくて面倒見のいい小梅ちゃんが「もうがんばらなくていいよ」と連れて行ったのかもしれないと言っていたのがとても印象的でした。

3頭とも元気に虹の橋で遊んでいるかもしれませんね。

 

杉本彩はペットロスで保護犬の里親にならないの本当?

杉本彩さんは小梅ちゃんの死後から、数年で愛犬のきなこちゃん、でんじろうちゃんも見送りました。

どうやら現在では新しく保護犬をお迎えすることはないようです。

まだ保護猫ちゃんたちが数頭いるようですが、動物に対する深い愛情を持つ杉本彩さんはペットロスなのでしょうか?

ワンちゃんたちを見送ったあとの杉本彩さんの現在を見てみました。

hana
hana
なぜか私が号泣です…

 

杉本彩は現在多数の保護猫たちと暮らす!

杉本彩さんの公式インスタを見ている限りですが、でんじろうちゃんの死後新しくワンちゃんが登場することはありません。

今のところ新しい保護犬をお迎えすることはなさそうですね。

よく2頭の猫アストルとクロが出てきますが、他にも数頭猫がいます。

多分6頭くらいいるんじゃないかな?

小梅ちゃんをお見送りしてから、アントニオ、ももじろう、こたろう、ベティちゃんと続けて見送られています。

毎日先に逝ったわんにゃんたちのお供えを、残っている猫ちゃんが食べてるらしくその姿を見守る杉本彩さんの姿もとても暖かいですよね。

亡くなったわんにゃんたちは、闘病生活を送っていてやっぱりお世話が大変だったのではないでしょうか?

ご自身も忙しいでしょうし、今は残っている猫ちゃんたちのお世話で手一杯なのかもしれませんね。

 

杉本彩が保護犬の里親にならない理由はペットロス?

私が杉本彩さんのブログやインスタグラムを読んでいると、涙が止まらなくなります。

元繁殖犬の里親という共通点以外、なんの縁もゆかりもない私ですが泣いてしまうのですから、ずっとお世話をしていた杉本彩さんの悲しみはもっと深いのではないでしょうか?

動物は先に旅立つことをどれだけ覚悟しても、やっぱりお別れは寂しいですよね。

あと、長い闘病生活が終わってホッとした安堵感もあると思います。

20代のときに飼い猫が旅立った時はひどいペットロスになっという杉本彩さん。

あれからいくつも動物の死に関わってきたでしょうから、同じようなことになることはないかもしれません。

でも、悲しい寂しい気持ちは変わらないと思います。

完全に私だったらというお話をしてしまいましたね。(笑)

たくさんの保護犬たちと関わっている杉本彩さんなので、また運命の出会いがあれば里親としてわんこをお迎えするかもしれません。

ペルル
ペルル
小梅ちゃんが引き合わせてくれるかもしれないワン

 

まとめ

ここまで杉本彩さんの愛犬小梅ちゃんの現在とその後はどうなっているのか?

続いて猫ちゃんやわんこが先だった杉本彩さんはペットロスで新しい保護犬の里親になっていないのかについてお話してきました。

いかがでしたでしょうか?

ペルルが元繁殖犬だったという繋がりもあって、小梅ちゃんのお話に涙が止まりませんでした。

かなりひどい環境で11歳まで過ごしていた小梅ちゃん。

それでも杉本彩さんの深い愛情に心を開き、21歳まで大往生されたことにとても力を頂きました。

hana
hana
ママもペルルとヨボヨボになるまで一緒にいたいよ!

現在、杉本彩さんは新しく保護犬の里親になっていないようですが、また新しい報告を待ちたいと思います!

それでは『杉本彩と犬・小梅の現在とその後は?ペットロスで保護犬の里親にならないの本当?』ここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。