ペットショップ・ブリーダー

ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何?同じ犬種で値段が安いと問題ある?

ペットショップ 1万円 犬 30万円 値段 安い 問題
Pocket

ペットショップで値段の差が大きい犬を見てビックリしたことはありませんか?

なんと、犬によっては1万円から30万円もの開きがある場合も!

特に同じ犬種のとき、一方の犬だけ値段が安いと何か問題があるのかと思ってしまいますよね。

チワ代
チワ代
ペットショップの犬の値段には、どうしてこんなにも差があるの?
プー子
プー子
みんな可愛いから、パッと見ただけじゃ分からないよね…。

この記事では、ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何か?

また、同じ犬種で値段が安いと問題があるのかについて取り上げています。

ペットショップで犬の値段差に素朴な疑問を感じた人は、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

 

ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何?

ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何で決まるのでしょうか?

パッと見た感じ、値段に関わらずどちらの犬も元気に走り回っていてキュート!

チワ代
チワ代
むしろ、値段が安い犬の方が人懐っこい気がするよ!

それなのに、なぜこんなにもペットショップの犬に値段の差があるのか気になりますよね。

ここでは、ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何か見ていきます!

 

ペットショップで1万円と30万円の犬の違いは血統?

ペットショップで1万円と30万円の犬の違いに大きく関係するのが血統の良し悪し。

一般的に良い血統とされている犬は、ペットショップでの値段が高くなります。

なぜなら、犬は容姿だけでなく性格や健康状態も親犬より遺伝するから!

つまり、親犬が優秀であればあるほど、子犬もその素質を受け継ぐと言われているのです。

例えば、みなさんは「チャンピオン犬」という言葉を聞いたことはありますか?

チャンピオン犬とは、ドッグショーで犬種標準に近いと評価された優秀な犬のことです。

チワ代
チワ代
犬種標準はそれぞれの犬種の理想像を定めたもので、顔だちや体型・歩き方まで項目は多岐にわたるよ。

優秀なチャンピオン犬の血を引く子犬は、ペットショップでの値段が何十万円にも跳ね上がります!

そのため、ペットショップでは1万円と30万円の犬のような大幅な値段の違いが生まれてしまうのでしょう。

ですが、実際のペットショップ市場を見てみると、血統なんて気にしないという購入者が大半のようですね。

 

ペットショップの値段の差は月齢?

ペットショップの値段の差に関わる理由の一つが犬の月齢。

ほとんどのペットショップでは、月齢を重ねるほど犬の値段が安くなります。

なぜかと言うと、犬は大きくなると売るのが難しくなるから。

プー子
プー子
基本的にペットショップでは、3~4ヵ月を境に犬の値段を安くするみたい!

多くの購入者はまだ生後間もない子犬を求めて、ペットショップへと足を運びます。

生後間もない子犬は、人気のため安い値段でなくても売れる可能性が高い。

小さな子犬のヨチヨチ歩きは、ペットショップでの購買意欲をそそるのだとか!

チワ代
チワ代
あどけない子犬を見ると、家に連れて帰りたくなる~!

しかし、月齢を重ねた犬は値段を安くしないとペットショップで売れ残ってしまいます。

ペットショップでは経費が掛かるため、成長した犬をいつまでも店舗で管理することはできません。

そのため、どうしてもペットショップでは犬の値段に差ができてしまうのです。

 

ペットショップで同じ犬種のとき値段が安いと問題ある?

ペットショップで同じ犬種にも関わらず値段が安いのを見ると、問題があるのではと疑ってしまいますよね。

その値段に何十万円もの開きがあると、なおさら不思議に思うことでしょう。

プー子
プー子
近所のお店では犬が1万円だったのに、他店では同じ犬種が何十倍も高かったよ!

ここでは、同じ犬種なのにペットショップで値段が安いときについて見ていきます!

 

同じ犬種でも売れ残りは値段が安い?

同じ犬種でもペットショップで売れ残ってしまった場合、犬の値段が安いことがあります。

ペットショップでは犬を商品として扱っているため、在庫をなくすべく値段を下げるのでしょう。

チワ代
チワ代
じゃあ、どんな時に犬は売れ残っちゃうのかな?

主に売れ残りの理由の一つとして挙げられるのは、犬の供給が多すぎるという問題。

人気犬種の在庫切れを防ぐため、ペットショップでは多くの犬を抱えがちになります。

しかし、時期によっては思うように売れないこともあるかも知れません。

プー子
プー子
暑い夏はペットショップでの購買意欲も下がるらしい!

また、犬は約8か月で成犬サイズに成長します。

生後3~4カ月の子犬しか欲しくないという多くのユーザーの意識も売れ残りに大きく影響しているでしょう。

当然ながらその場合、ペットショップではたくさんの犬が売れ残ってしまいます。

ペットショップで売れ残った犬がいると飼育で経費がかかる上、他の犬を新たに迎えることもできません。

利益が発生しないため、ペットショップとしてはかなりの痛手。

なので、ペットショップでは同じ犬種でも売れ残りは値段が安いのです!

とはいえ、値段を大幅に下げてでも飼い主に販売しようとする意識はまだいい方と言えますね。

 

値段が安いペットショップの犬は先天性の疾患がある?

ペットショップの犬は先天性の疾患があることで、値段が安いケースが存在します。

先天性疾患とは、生まれたときの体の形や臓器の機能に異常があること。

原因として、遺伝子の異常や感染症などさまざまな要因が挙げられます。

チワ代
チワ代
体のどの臓器に先天性疾患は起こりやすいの?

犬の先天性疾患は、脳や心臓をはじめとした色んな臓器で起こる可能性があるので注意が必要!

通常ペットショップでは、先天性疾患がない健康な犬を購入者に引き渡すのが義務となっています。

しかし時折、先天性疾患にかかっている犬を安い値段で売ることがあるそう。

例えば、たまたま入ったペットショップで値段が1万円の犬を発見。

理由を従業員に尋ねたところ、膝の病気であるパテラ(膝蓋骨脱臼)だと言われたケースがありました。

プー子
プー子
先天性疾患については、しっかり説明してほしいよね!

もちろん、ペットショップ側は購入者に対して犬の健康状態を説明する責任があります。

少しでも犬の値段が気になった人は、ペットショップの従業員に確認してみてくださいね。

先天性の疾患がある犬でも、売ることができればペットショップの利益になります。

そのため、ペットショップでは安い値段に設定してでも、犬を販売しようとすることがあるのでしょう!

 

まとめ

この記事では、ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何か?

また、同じ犬種で値段が安いと問題があるのかについて見ていきました。

ペットショップの値段の差は、血統や月齢による影響が大きいということが分かりましたね!

さらに、売れ残ったときや先天性の疾患がある場合、同じ犬種でも値段が安いことがあるそうです。

プー子
プー子
あくまでもペットショップは、商品である犬を売り切りたいという考えなんだね。

一つの命である犬に値段がつけられ、ましてや大幅な差があると複雑な気持ちになります。

それでは『ペットショップで1万円と30万円の犬の差は何?同じ犬種で値段が安いと問題ある?』はここまで!

この記事がみなさんや愛犬たちとの生活に役立ちますように。

またお会いしましょう!