ペットロス

愛犬の死を恋人が受け入れられない時どうする?別れが苦しい時の接し方と癒し方は?

ペットロス 彼氏 別れ 受け入れられない 苦しい 寂しい時 接し方 癒し方
Pocket

ペットは飼っている人にとっては大切な家族。

かけがえのない、唯一無二の存在です。

でも寿命は人間より短く、いつかは別れの日がやってくるのが現実。

大切な家族との別れはとても悲しく苦しいものです。

愛するペットの旅立ちは簡単には受け入れられないもので、ペットロスと言われる状態に陥る人も。

ペットロスとは、大切なペットを失ったことによる悲しみや混乱、罪悪感などから精神的にひどく落ち込むことです。

実はペットロスになる人は少なくありません。

ペットを亡くした人のうち、実に9割もの人がペットロスに陥ると言います。

もし、あなたの彼氏が愛犬を亡くし、そのことを受け入れられない状態に陥っていたら、あなたはどう接しますか?

苦しい、寂しい時になんとかしてあげたい、励ましたい、力になってあげたいと思いますよね。

しかし、彼氏を心配してあなたがとる行動は、もしかしたら彼氏の気持ちにそぐわない接し方、癒し方になってしまうかもしれません。

では、彼氏がつらく寂しい時には、どのような接し方や癒し方が適切なのでしょう?

 

愛犬の死で恋人が別れを受け入れられない?

大切な愛犬を亡くした時、その事実をすぐには受け入れられないのが普通です。

人間同士の別れであっても、それを理解し受け入れるのには相当な時間がかかりますよね?

それはペットであっても同じことです。

愛犬を亡くした悲しみや罪悪感、やり場のない気持ちを、彼氏があなたにぶつけてくることがあるかもしれません。

かけがえのない存在であった愛犬への想いが強ければ強いほど、気持ちの整理がつくには時間がかかるでしょう。

 

愛犬の死でペットとの別れを受け入れるには時間が必要!

かけがえのない存在だった愛犬との別れを受け入れるには、時間が必要です。

愛犬を亡くした直後は、亡くなったという実感もまだないでしょう。

いつも使っていたベッドやおもちゃを見ると、今でもそばにいるような、帰って来るような気がしてその存在を消すことはなかなかできません。

葬儀を終え小さな骨箱を見ると、亡くなったことが少しは現実として捉えられるようですが、悲しみはすぐには癒えないものです。

時間の経過とともに少しづつ心の整理がつき、徐々に新しい生活に慣れていくことになるでしょう。

ペットの死を受け入れるには、長い時間が必要ですね。

 

彼氏が苦しいときに接し方を間違うと別れになることも?

愛犬を亡くした直後の苦しく寂しい時に、何とかしてあげたいと思うのは当然のことですよね。

しかし、よかれと思ってやったことが実は間違っていて、彼氏と別れることになってしまったというケースも耳にします。

NGワード
  • 「頑張って」
  • 「元気を出して」
  • 「また新しい犬を飼えばいいよ」

このような言葉は、大切な愛犬を亡くして悲しみの中にいる人には言ってはいけない言葉です。

頑張って元気を出せるようなら、ペットロスにはなりませんよね。

気遣っているつもりが、逆に傷つけてしまうことにもなりかねません。

あなたはペットロスに陥った彼氏を見て、早く元通りに戻ってほしいと願い掛けた言葉で悪気はないのもわかります。

しかし、愛犬の死を受け入れることが難しく悲しみに浸る彼氏は、自分の気持ちを全くわかっていない、と受け取ってしまい誤解を生むことになるかもしれません。

ペットロスで繊細になっている時の接し方には注意が必要なのです。

 

ペットロスで苦しい寂しい時の接し方と癒し方は?

大切なペットを亡くした直後は、様々な感情にさいなまれるでしょう。

亡くなる瞬間のこと、元気だった時のことなど、いろいろな場面が脳裏に浮かんできます。

この子は幸せだったのだろうか、自分にもっとできることがあったのではないだろうか、と罪悪感や後悔を感じる人も少なくありません。

思いつめ、普段通りの生活に支障をきたすこともあるのです。

では、どのように接するのがよいのでしょうか?

 

ペットロスの彼氏を一人にしない方がいい?

ペットロスは、感情の整理ができずに精神的にも肉体的にも非常に強いストレス状態となります。

自分の気持ちを上手くコントロールできなくて何も手につかず、仕事はもちろんのこと、日常生活を送ることもできなくなってしまうかもしれません。

中には喪失感がひどく、後追い自殺を考える人もいるのです。

「一人にしてくれ」

「放っておいてくれ」

そう言われるかもしれませんが、一人にしておくのは心配ですね。

こういう時は

「何か力になれることがあれば言ってね」

「いつでも話を聞くよ」

と、決して一人で放っておくわけではなく、いつでも力になれるよう見守っているよというメッセージを伝えておくのがよいのではないでしょうか。

徐々に日常に戻れるよう、身の回りの手伝いをすることもいいと思います。

自分自身を取り戻せる日が来るまで、寄り添い、見守ってあげたいですね。

 

ペットロスの彼氏の癒し方は共感?

悲しみに暮れるときに必要なのは、寄り添うことです。

亡くなったことを受け入れられず、気持ちの整理がつかないうちは誰にも何も話せなくて当然ですよね。

あなたに話してくれないと、焦ったり不安になるかもしれませんが、様子を見守りながら彼氏のほうから話してくれるのを待ってみましょう。

そして話してくれた時には

「うん、うん、そうだね」

「話してくれてありがとう」

と、共感しながら話を聞いてあげてください。

聞いている中であなたが涙を流すこともあるかもしれませんね。

一緒に愛犬のことを思い涙を流してくれることは、彼氏にとっては心安らぐ嬉しいことではないでしょうか。

人に話を聞いてもらことで次第に気持ちの整理がついていき、悲しみや苦しみが浄化されていくものです。

無理になんとかしようとせずに、寄り添い、感情を共有することが最大の癒しとなるでしょう。

元気がでてきたら写真を一緒に見る、アルバムを作るなど想い出を共有するのもいいみたいです。

 

まとめ

いつかやってくるペットとの別れは、苦しい、寂しいもの。

大切なペットの旅立ちは、飼い主にとって簡単には受け入れられないもので、ペットロスになる人も少なくありません。

ペットロスは、ペットを亡くした人なら誰でも陥る可能性があります。

もしあなたの彼氏が愛犬を亡くしその現実を受け入れられない時には、どのような接し方、癒し方がよいのでしょうか?

苦しい時、寂しい時の接し方には注意が必要。

接し方を間違えてしまうと、お互いの気持ちを理解できずにそれがあなたと彼氏の別れになってしまうこともあるのです。

悲しく寂しい現実を受け入れ、気持ちの整理がつくまでには時間がかかるもの。

しかし、たとえ一人にしてほしいと言われても、言葉通りに一人放っておくのはよくありません。

激しいペットロスから日常生活が送れなくなったり、後追い自殺を考える人もいるからです。

大切なことは、無理に励ますのではなく、寄り添い共感することだと思います。

それでは『愛犬の死を恋人が受け入れられない時どうする?別れが苦しい時の接し方と癒し方は?はここまで。

答えのない難しいテーマでしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。