犬マイクロチップ

犬マイクロチップ装着証明書の発行どうやる?譲渡時は登録証明書の変更が必要?

犬マイクロチップ 装着証明書 登録証明書 譲渡 変更 手続き
Pocket

犬マイクロチップの装着証明書と登録証明書の違いとは?

また譲渡時の変更手続きの手順も紹介していきます。

令和4年6月1日より、犬マイクロチップの装着が義務化されますね。

それに伴い、私たち飼い主も申請やら何やらが必要となります。

とはいっても同じような名前の証明書があってややこしいし、何に使うのかもわからなくないですか?

そこで今回は、そもそも装着証明書と登録証明書は何が違うのか?

また譲渡時の変更手続きについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

犬マイクロチップ装着証明書と登録証明書は違う?

犬マイクロチップの義務化にあたり、私たち飼い主が書類を受け取ったり渡したりする必要が出てきます。

ここでは、その中でも特に間違えやすそうな装着証明書と登録証明書の違いについて見ていきましょう。

 

装着証明書とは?

装着証明書とはどのようなものなのでしょうか?

装着証明書とは、依頼を受けて犬マイクロチップを装着した獣医師が、その依頼者に対して発行する証明書のこと

ペットショップやブリーダーで犬を購入する際には、多くの場合既に犬マイクロチップが装着済みです。

この場合、装着証明書は犬マイクロチップの装着を獣医に依頼した販売業者が持っていることになりますね。

したがって私たちが装着証明書を目にすることはあまりないと考えて良いでしょう。

ただし犬マイクロチップ未装着の犬を飼ったり譲渡されたりした場合には、こちらで獣医師に装着を依頼する必要があります。

その際には依頼主である飼い主に対して装着証明書が発行され、後述する公益社団法人日本獣医師会への登録時に必要となるので、なくさないように保管しておきましょう。

 

登録証明書が重要?

続いて登録証明書についての説明です。

登録証明書とは、販売や譲渡などで犬マイクロチップを装着した犬の所有者が変わったことを、環境大臣が定める指定登録機関(公益社団法人日本獣医師会)へ申請し、受理されると発行される証明書のこと

犬マイクロチップを装着した犬の所有者が変わる場合には、その都度必ず申請しなければなりません。

したがって、ペットショップやブリーダーで犬を購入するときに必ず付いてくる証明書となります。

ちなみに先ほどの装着証明書を渡す必要はありません。

また他人から犬を譲り受ける、または他人に譲渡する場合も、犬と一緒にこの証書の受け渡しが必須なので覚えておきましょう。

そういった意味でとても重要な書類です。

 

犬を譲渡する時の変更手続きの流れを紹介!

販売業者からの購入や一般人同士での譲渡でも、基本的に変更手続きの手順は変わりません。

ここでは譲渡時の変更手続きの流れについて説明します。

 

譲渡時の変更手続きの流れを解説!

犬の譲渡時には以下のような流れで変更手続きが取られます。

  1. 前の所有者(販売業者または前の飼い主)から犬と一緒に登録証明書を受け取る
  2. 公益社団法人日本獣医師会に、所有者情報の変更申請を行う(Web上で申請する場合は300円、申請書をプリントアウトして郵送する場合は1,000円の手数料がかかります)
  3. 新たな登録証明書が発行される

登録後に、氏名/住所/電話番号といった、登録されている情報が変わった場合は、変更から30日以内に登録情報の変更申請を行いましょう。

なおこの登録情報の変更は無料で行えます。

また犬を他人に譲渡する場合は、変更手続きの③で新たに発行された登録証明書を、犬と一緒に譲渡先へ渡すようにしてください。

 

民間で犬マイクロチップを登録している場合は?

既に犬マイクロチップの登録を以下の民間団体で済ませている場合にも、新たに登録申請が必要です。

  • Fam
  • ジャパンケネルクラブ(JKC)
  • マイクロチップ東海
  • マイクロチップ普及推進協会
  • AIPO

なおAIPOには公益社団法人日本獣医師会が含まれますが、民間団体で既に行われている犬マイクロチップの登録は、今回義務化されるものとは違います。

ですので、既にAIPOに登録しているから登録が不要ということではないのでご注意ください。

 

まとめ

今回は犬マイクロチップの装着証明書と登録証明書の違いや、譲渡時の変更手続きについて紹介しました。

犬マイクロチップの装着については未だに賛否両論あります。

ですが、迷子になった場合や災害に巻き込まれて犬と離れ離れになってしまい、犬マイクロチップのおかげで再会できたケースも。

迷子になった犬の飼い主さんがわかるようになれば、それだけ保護犬として処分されてしまう犬も減らせるということ。

私自身はこうした理由から、犬マイクロチップには賛成派です。

それでは『犬マイクロチップ装着証明書の発行どうやる?譲渡時は登録証明書の変更が必要?はここまで!

この記事を読んで、ひとりでも多くの方に「ためになった!」と思っていただけたら、とっても嬉しいです!