ペットグッズ

犬のお散歩バッグは100均が使いやすい?袋とティッシュ以外の中身は何?

犬 お散歩バッグ 100均 使いやすい 袋 ティッシュ 中身
Pocket

みなさんは犬のお散歩に行くとき、何を持っていきますか?

袋やティッシュなどを持って行く方も多いですよね。

これらは、お散歩マナーに必要なグッズ達。

その袋やティッシュ、お散歩バッグに入れると便利で使いやすいです。

では、その犬のお散歩バッグはどこで買いますか?

最近、犬のお散歩バッグを売っているお店が沢山増えてきました。

噂では、100均でも売っているようなんですが、使いやすのか気になります!

中身は沢山入るのでしょうか?

そんな疑問にお答えして、100均のお散歩バッグについてとお散歩バッグの中身について紹介していきます!

 

犬のお散歩バッグは100均が使いやすい?

聞いたところによると、100均のお散歩バッグってあまり使われていないみたいなのですが・・・。

お弁当袋や手提げ袋をお散歩バッグとして使っている方が多いようです。

実際の所どうなんでしょうか?

調べてみたので、見ていきましょう!

 

犬のお散歩バッグによく使うものは?

調べたところ、100均のお散歩バッグを使っている方は少なかったです。

ノベルティーのバッグや、過去にお弁当袋として使っていた物をお散歩バッグとして使っている方が多くいました。

自分の使い勝手の良いバッグが、お散歩の時には良いのかもしれませんね!

次に、お散歩バッグってどんな種類があるの?と思った方も多いでしょう。

犬のお散歩バッグには大きく分けて、3タイプに分けられます。

  • 手提げタイプ
  • 斜めがけタイプ
  • リュックサックタイプ

手提げタイプは、荷物が少ない飼い主さん向けのバッグですね。

片手が塞がることが難点ですが、使いたい物を取り出しやすいというメリットがあります。

斜めがけタイプは、両手が常に空くことが大きなメリットですね。

犬のうんちやおしっこの処理がしやすくなります。

リュックサックタイプは、多頭飼いの方向け。

このタイプは、中身が取り出しづらいというデメリットもあります。

しかし、中身が沢山入るので、荷物が多い方でもリュックサック一つでお散歩にいけますよ!

 

犬の散歩バッグは斜めがけやヒップバッグが便利!

上記では、お散歩バッグの種類について見てきました。

hana
hana
お散歩バッグのタイプって実際、どれが使いやすいの?

と思っている方もいますよね。

ずばり、おすすめは斜めがけやヒップバッグといった両手が空くタイプです!

ヒップバッグになると、バッグに入る荷物の量が限られてきますが、お尻につけておけば良いので、両手が空き使い勝手が良いですよね。

荷物が多いよ!と言う方は、斜めがけのものを使ってみてください。

ヒップタイプに比較して、荷物を沢山入れることができますよ!

犬のお散歩中は、両手が空いていた方がうんちやおしっこの処理がしやすいですよね。

色々と試して、自分にあったお散歩バッグを見つけてみてください。

 

お散歩バッグの袋とティッシュ以外の中身は何?

犬のお散歩バッグの中身には、袋とティッシュを入れる方が多いと思います。

では、袋とティッシュ以外のバッグの中身は何なのでしょうか?

人によって、犬のお散歩に持っていく物は違いますよね。

hana
hana
こんなものをお散歩バッグに入れているよ!

というものを調べてみました。

すでに犬を飼っている方も、これから飼うよ!という方も参考にしてみてください!

 

ビニール袋とティッシュ以外のお散歩バッグ中身でおすすめは?

ご近所飼い主さんにお散歩バッグの中身を聞いてみたんです!

お散歩バッグのおすすめの中身
  • ウェットティッシュ
  • ライト
  • 予備のリード

お散歩バッグの中身で一番多かったものは、「水」でした。

これは飲む用の水ではなく、犬がおしっこした跡を消したり、アスファルトについたうんちを流すための水です。

他の犬がおしっこをした跡って結構気になりますよね。

それは、周りの人も同じ。

快適なお散歩をするには、最低限のマナーとしてお水は持っていくと良いでしょう。

もちろん、愛犬のために飲み水を持っていってあげてもいいですね。

定番の「ウェットティッシュ」入れている方もいます。

雨で地面が濡れていても、ウェットティッシュは頑丈だから破れにくくて重宝しているそうです。

また、ウエットティッシュでうんちをした犬のおしりを拭くという方もいらっしゃいました。

犬も綺麗好きですから、おしりが綺麗になったら喜びそうですよね!

また、「ライト」をお散歩バッグに入れている方も多くいました。

夜のお散歩は、暗い道を歩く方も居ますよね。

そういったときに、足下を照らしてくれるライトがあれば飼い主さんも安心。

そして、道を照らしながら歩けるので犬の誤飲防止にも効果が期待できそうです。

私が一番驚いた、お散歩バッグの中身がこちら!

「予備のリード」です。

お散歩マスターだ!!と衝撃を受けました笑

犬は引っ張る力が強いので、リードが壊れてしまうときがあります。

そういったときに、リードが無いと困る!ということで入れていました。

ここまで、対策していればお散歩は怖い物なしですね。

私の経験談では、おやつもお散歩バッグに忍ばせておくとお散歩を始めたての犬には、トレーニングの際に結構役に立ちます。

 

飼い主さんのお散歩バッグ中身の口コミを紹介!

お散歩バッグの中身についての口コミを調べてみました。

では、口コミを見ていきましょう。

30代主婦
30代主婦
ウンチのポーズをしたら、新聞紙をさっと下に敷けば片付けも楽ちん!
20代OL
20代OL
予備のリードをもって広い公園でのびのびと走ってもらえるように入れています
40代会社員
40代会社員
うちは田舎だから袋とかそのまま手に持つけど、お散歩バッグあったら便利だね
30代自営業
30代自営業
ウェットティッシュを持っていってウンチをしたら、おしりを拭いてあげています。

飼い主さんによって、お散歩バッグに入れる物は様々。

新聞紙や予備のリードを入れている方や、そもそもお散歩バッグは使わないけど、あると便利だと言う方もいらっしゃいました。

実際に、お散歩に行く飼い主さんが楽になるようなグッズをお散歩に持って行けるとベストですよね。

お散歩バッグは、持っていく荷物が増えたときにとても便利です。

バッグの中身についての口コミも参考に、お散歩バッグに入れる物を検討してみてください。

飼い主さん達は愛犬を一番に考えたグッズをもって、お散歩に行っているようです。

 

まとめ

おすすめのお散歩バッグの形と中身を紹介してきましたが、いかがでしたか?

飼い主さんによって、お散歩バッグの形や中身にも結構違いがあるんですね!

それぞれの工夫が見られて、調べていて私自身とても参考になりました。

新聞紙は思いつきませんでしたよ!笑

私も、実践してみようかなと思います!

お散歩に行く飼い主さんの負担が少しでも減るように、参考にしていただけるとうれしいです。

マナーを守りつつ、愛犬と幸せなお散歩時間を楽しんでください。

それでは『犬のお散歩バッグは100均が使いやすい?袋とティッシュ以外の中身は何?』はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました。