ミックス犬

ポメプーの値段は平均相場いくら?子犬は黒と白で価格がケタ違いに安い?

ポメプー 値段 相場 いくら 人気 黒 白
Pocket

ポメプーはアメリカで誕生したポメラニアンとトイプードルのミックス犬。

別名「プーラニアン」とも呼ばれており、いまや大人気ですよね!

そんな人気のポメプーお迎えを検討している方は、子犬の値段相場はいくらなのかご存じでしょうか?

予想外に高くてビックリ!

ポメラニアンに似ても、トイプードルのくるくる巻き毛になっても、どちらもぬいぐるみのように可愛いんですよ♪

さらに、ポメプーのようなミックス犬は、純血種よりも病気になりにくく丈夫と言われており、サイズも小型犬で飼いやすいため、近年人気が高まっています。

またポメプーは、黒や白、アプリコットなど毛色のバリエーションが豊富なのも特徴ですね。

どの毛色の子も可愛いよね~!毛色によって値段の相場も変わってくるのかな?

親犬が黒か白かによって、ポメプーの毛色はどう変わるかも気になるところ。

この記事では、ポメプーをお迎えする際に気になる子犬の値段相場や、毛色ごとの値段の違いなどについて取り上げていきます。

ちょうどお迎えを検討中の方は、ぜひとも最後までお読みください!

 

ポメプーの値段は平均相場いくら?

ポメプーの子犬は、ポメプーを取り扱っているペットショップ、あるいはブリーダーから直接購入することが出来ます。

以前は、血統書のある純血種よりもミックス犬の方がお手頃で、平均相場は7~15万円と言われていました。

しかし、近年ミックス犬の注目が高まり、現在のポメプーの平均相場は20万円前後、時には50万円を超えるような場合もあるようです。

ではペットショップとブリーダーとでは、どちらで購入するのが安いのか?詳しく見ていきたいと思いましょう。

 

ポメプーはブリーダーの方が安い?

ブリーダーの販売価格を調べてみると、ポメプーの子犬は20~30万円後半で販売されていました。

人気のポメプーだけあってそれなりに高価な値段で販売されていますね。

ブリーダーも様々ですが、親犬をとても大切に扱い、コストをかけて快適な環境を整えている優良ブリーダーから購入する場合は、一般的にペットショップよりも高くなります

一方ペットショップでは、50万円を超える子犬もいれば、逆に10万円くらいで販売されている子犬もいることが分かりました。

犬には基準となる価格がなく、販売者が自由に価格を設定できるため、場合によってはブリーダーの方が安いこともありそうですね。

ペットショップはなんでこんなに値段の幅が大きいんだろう?

なぜペットショップではポメプー子犬の値段がこんなに違うのか、詳しく見ていきましょう。

 

ショップでポメプー子犬の値段が違う理由は?

ポメプー子犬をペットショップで購入を考えたとき、ブリーダーから購入するのに比べて高くなる場合と安くなる場合があり、正直ふしぎですよね?

まず先ほども触れたように、子犬の販売価格は販売者が自由に設定できます。

そのため、ペットショップでは多くの子犬を販売するために、基本的には値段が低めに設定されることが多いんですよね。

ただし、毛色や大きさ、顔つきなどによって「高くても売れそう」と販売者が判断したときは、高値がつけられることもあるのだとか。

ポメプーの場合は、毛がカールしている子や、マズルの短い子は比較的高くなる傾向があるようです。

最近はたぬき顔が人気らしいよ!

その他にも、ペットショップでは人件費、テナント料、仲介手数料などの経費がかかっており、その分が子犬の販売価格に上乗せされている可能性も。

特に、立地などによりコストが高いところは、販売価格も高くなる傾向があるので、ペットショップでの購入を検討している方は、いくつかお店を見てみた方がよさそうですね。

また値段が極端に安い場合は、何か健康上や外見に理由がある可能性があるので、購入の際は注意した方がよさそう。

 

ポメプーの子犬は黒と白で価格がケタ違いに安い?

ここまでは、ポメプーの子犬をペットショップとブリーダーから購入する場合の値段の違いについて見てきました。

しかし、ポメプーの価格を左右するのは購入先だけでしょうか?

ポメプーは毛色のバリエーションが豊富で、両親犬の外見の特徴も違うため、いろいろな顔つきの子がいます。

そこで、毛色で値段が変わるのか調べてみました。

 

ポメプーは黒がケタ違いに高い?

やはりポメプーは珍しい毛色であれば値段が高くなると思いませんか?

ポメプーの外見は、ポメラニアンに寄ることが多いと言われています。

トイプードルの黒は珍しくありませんが、実はポメラニアンの黒は交配が難しいため珍しいのだとか。

そのため、ポメプーの黒も他の毛色に比べると珍しいはず!

一般的に子犬は黒系の中でも、特にソリッドと呼ばれる単色の黒は値段が高くなり、茶色や白などが混ざったブリンドルと呼ばれる毛色は少し安価になると言われているようです。

しかし、実際に黒のポメプー子犬の販売価格を調べてみると、他の毛色と大きな差はありませんでした。

ポメプーの黒は珍しいけど、特段高いというわけではないんだね

同じ黒系のソリッドとブリンドルでも、必ずしもソリッドの方が高いというわけでもなかったので、毛色は値段を決める大きな要素ではないのかもしれませんね。

 

値段の平均相場をポメプーの色ごとに紹介!

さっそく気になるポメプーの毛色ごとの値段の平均相場を見ていきましょう!

ポメプーの平均相場
  • ホワイト系  平均相場 約25万円(12~50万)
  • ブラック系  平均相場 約25万円(12~40万)
  • アプリコット 平均相場 約23万円(12~35万)
  • レッド    平均相場 約17万円(9~30万)

※あくまで目安です。

ポメプー子犬の平均相場を見てみると、毛色によってあまり大きな値段差は見られませんでした。

これは、どの毛色のポメプーも同じくらい人気で、毛色ごとに人気の差があまりないということかもしれませんね!

同じ系統の色の中でも値段の幅が広いので、大きさや毛質、顔つきなど毛色以外の要素の方が、値段に影響するようです。

やっぱり顔つきや大きさかな~?

また、トイプードルの特徴を受け継いでいるポメプーは、成長につれて被毛の退色が起こる可能性がありますよ。

子犬の時に黒だった子がグレーっぽくなったり、アプリコットだった子がベージュっぽくなることもよくあるんです。

ポメプーの子犬をお迎えする際は、あまり毛色にこだわりすぎずに価格とのバランスで検討されてもいいかも?

 

まとめ

毛色のバリエーションが豊富なポメプーですが、毛色ごとの値段差は無く、どの毛色の子も人気がありそうだということが分かりましたね。

ミックス犬は成長の過程で顔つきや毛色など雰囲気が大きく変わるので、成犬の姿が予測できないところも魅力の一つ。

ポメプーの子犬をお迎えするときは、どんな外見になるか成長の過程もぜひ楽しみたいところです。

また、ペットショップとブリーダーから購入する場合では、同じような見た目の子でも値段が大きく変わる場合もあるので、できれば直接足を運んで確認することをおすすめします!

一度ポメプーの子犬をお迎えしたら、犬との生活は10年以上続くもの。

責任をもってお世話するためにも、しっかり納得した上で購入したいですね。

それでは『ポメプーの値段は平均相場いくら?子犬は黒と白で価格がケタ違いに安い?』はここまで!

この記事が、愛犬のお迎えを検討してるみなさまの参考になれば幸いです。