ミックス犬

ポメチワ売れ残りの子犬を引き取りたい【神奈川】!里親募集の譲渡会場所どこ?

ポメチワ 里親 神奈川 譲渡 売れ残り 保護犬 無料
Pocket

今回は、特に神奈川でポメチワを飼いたいと思っている方におススメの記事です。

皆さんは、ポメチワを飼いたいと思った時、どこからお迎えしますか?

ペットショップやブリーダーで気に入った子を購入するのが一般的かもしれませんが、保護犬の里親になるという選択肢もあります。

ペルルも元保護犬、今は幸せに暮らしているんだワン!

ポメチワは人気のミックス犬で近年飼育頭数が増えている反面、ペットショップの売れ残りや放棄される数が増えているのも現状。

殺処分される命をなくすため、自治体や保護団体による譲渡が進められています。

ただ、保護犬の譲渡と聞くと、里親になる条件や費用は無料なのかなど、気になることは多くありますよね。

そこで、神奈川の譲渡会場はどこなのか、またポメチワの売れ残りや保護犬の引き取りは無料なのかについて調べてみました。

神奈川でポメチワや保護犬の里親を考えている方の参考になれば嬉しいです!

 

ポメチワ里親募集【神奈川】の譲渡会場所どこ?

神奈川で犬の保護、譲渡について調べてみると、個人や団体で活動しているボランティアの情報が数多く出てきます。

保護施設に拠点を置いている団体と、施設はなくボランティアの自宅で預かり譲渡までケアする団体があり、里親探しの譲渡会を開催。

ただ、ポメチワが欲しいからと言って、希望する時に里親になれるとは限りません。

いつどんな犬が譲渡できるかわからないのが保護犬。

必ずそれぞれの団体のホームページで最新情報を確認しましょう。

事前に予約や連絡が必要な所もあるからよくチェックしないとね!

それでは、今回は神奈川で譲渡活動をしている5つの団体をご紹介しましょう。

 

ピースワンコ・ジャパン湘南譲渡センター

「ピースワンコ・ジャパン」は広島県に本部があり、関東以西数か所に譲渡センターを設置している大きな団体です。

広島県の保護施設でケアし、譲渡できる状態となった犬を各地の譲渡センターに移して譲渡の機会を待つという形態。

ホームページで気になる子がいたら問い合わせるか、譲渡センターへ足を運んでみましょう。

スタッフが常駐しているので、気軽に相談できますよ。

ピースワンコ・ジャパン湘南譲渡センター

〒251-0043
神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1 湘南T-SITE1号館GREEN DOG内

電話番号:080-9813-0608

運営時間:10:00~19:00(定休日:月曜日)

 

神奈川県動物愛護センター

平成25年から犬の殺処分ゼロを継続している神奈川県。

神奈川県動物愛護センターでは、病気やケガで収容された犬猫の治療や人馴れしていない犬の訓練、オンライン譲渡会の実施など、譲渡に力を入れています。

譲渡対象動物の動画をホームページで随時紹介しているので、チェックしてみてください。

なお、里親希望の方は事前に講習会を受ける必要があります。

神奈川県動物愛護センター

〒259-1205 神奈川県平塚市土屋401

電話番号:0463-58-3411

運営時間:8時30分~17時15分(月曜日から金曜日〈祝祭日及び年末年始を除く〉)

 

「NPO法人アニマルハートレスキュー」

横浜市を拠点に活動している「NPO法人アニマルハートレスキュー」。

アニマルセラピーハウスセンター南動物病院にシェルターがあります。

譲渡会は日曜に不定期開催しているので、最新情報はホームページで確認しましょう。

電話での問い合わせ先はないので、譲渡対象犬に関する問い合わせなどはホームページ内から行ってください。

NPO法人アニマルハートレスキュー

〒224-0032

神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央28−8Animal Therapy House内

※問い合わせはホームページまで

 

WAN’S LIFE 湘南里親

>>WAN’S LIFE 湘南里親

保護施設はなく、預かりボランティアの家で一般家庭の犬と同じように飼育されているのが特徴です。

保護施設のない保護団体もあるのね!

メールで問い合わせるか、定期的に開かれる譲渡会場へ足を運んで面談となります。

譲渡会は定期的に神奈川県内で開かれているので、ホームページで情報を確認しましょう。

 

NPO法人pooch dog rescue

>>NPO法人pooch dog rescue

こちらの団体も保護施設はなく、預かりボランティアの家で一般家庭の犬と同じように飼育されています。

家族のようにケアしてくれているのは安心ね!

ホームページを見て気になる里親募集中の子がいたら、コンタクトフォームより連絡してみましょう。

また、月1回程度神奈川県内で譲渡会も開いているので、ホームページで情報をチェックしておくといいですね。

 

ポメチワの売れ残りや保護犬を無料で引き取りできる?

ここまで犬の譲渡を行っている団体についてご紹介しましたが、ポメチワの売れ残りや保護犬の引き取りは無料なのでしょうか?

やっぱり費用は気になるところよね。

実は費用がどのくらいかかるのかは一律の決まりはなく、個々の団体によって様々なのです。

保護されてからの医療費や飼育管理費などを実費で支払う団体もあれば、一律いくらと金額が決まっている団体も。

また、中には一切無料という団体もあります。

ホームページ上で詳しく書いていないこともあるので、詳しくは直接問い合わせてみるのがよいでしょう。

 

ポメチワの売れ残りや保護犬の引き取りは無料?

ほとんどの保護団体では譲渡費用がかかると考えておきましょう。

譲渡費用に含まれるものは各団体によって様々ですが、主なものは次のとおりです。

譲渡費用の内訳(一例)
  • 混合ワクチン代
  • 狂犬病予防接種代
  • 避妊・去勢手術代
  • 健康診断代
  • マイクロチップ埋め込み代
  • その他医療費
  • 保護から譲渡までの飼育管理代

ここで挙げたのは一例で、詳細は各団体に直接確認する必要があります。

譲渡費用を無料としているところもありますが、お礼の気持ちを込めて寄付をしたり、その後の継続的な支援をするのがおススメ。

保護から愛情を込めてケアをし、譲渡まで命をつないでくれたボランティアさんとのご縁も大切にしたいですね。

 

ポメチワなど保護犬譲渡時の手続きは?

保護犬を譲渡してもらうにはどのような手続きが必要なのかも知っておきたいところですね。

こちらも団体によって違いはありますが、おおよその流れをご紹介しておきましょう。

保護犬譲渡までの流れ(一例)
  1. ホームページなどで譲渡条件を確認する
  2. メールや問い合わせフォーム、電話などで譲渡会面談の予約をする
  3. 譲渡会場で面談をする
  4. 譲渡に関する書類作成、費用支払い
  5. 後日引き取り/里親希望者宅へ譲渡犬を団体スタッフがお届け

各団体によって違いますが、おおむね上記のような流れが多く見られます。

譲渡条件は年齢や家族構成、住環境など多岐にわたるので、ホームページや譲渡会場で細かいところまでよく確認しましょう。

面談は同居の家族全員がそろって参加することを必須としていることがほとんど。

また、面談して譲渡が決定したらすぐにでも犬を連れて帰りたいところですが、即日引き取れることはほぼありません。

ボランティアスタッフが住環境も確認した後に引渡しとなることが多いようです。

ペットショップで買うのと違っていろいろ面倒くさいのね。

条件が厳しく手続きも煩雑だと思われるかもしれませんが、一度は悲しい目に遭っているのが保護犬。

二度と不幸な思いをさせないためには当然のことではないでしょうか。

 

まとめ

ポメチワがいるとは限りませんが、神奈川で保護犬の譲渡を行っている団体は、今回ご紹介した他にもまだまだたくさんあります。

上記でご紹介した神奈川県動物愛護センターのホームページにも保護団体のリンクがあるので、気になる方は覗いてみてください。

売れ残りや保護犬の譲渡は、無料の団体もありますが通常は費用がかかります。

譲渡条件も厳しく手続きも手間がかかるかもしれませんが、命を飼うには本来そのくらいの覚悟と責任が必要ということですね。

新しい家族を待っている保護犬はたくさんいるんだワン

ポメチワを飼いたいと思ったら、ペットショップへ行く前に是非譲渡会場に足を運んでみてください。

それでは、『ポメチワ売れ残りの子犬を引き取りたい【神奈川】!里親募集の譲渡会場所どこ?』はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。