犬マイクロチップ

犬マイクロチップに痛みや副作用はない?癌やアレルギーの危険性と健康面の負担はある?

犬マイクロチップ 痛み 副作用 健康 負担 癌 アレルギー 危険性
Pocket

ペットの身元証明になる犬マイクロチップ。

ワンちゃんの体に犬マイクロチップを入れることに抵抗がある人も多いと思います。

ママ
ママ
犬マイクロチップって病院で入れてもらうんだよね?
ペルル
ペルル
大きなチックンだったような?

動物病院で行う医療行為とはいえ、犬マイクロチップの装着は痛みや副作用など、ワンちゃんの健康の負担になることはあるのでしょうか?

例えばマイクロチップが原因で癌やアレルギーになる危険性って・・・

そんなこと考えちゃったら怖くなりますよね。

入れるのは一瞬とは言え、1㎝程度の機器を入れてワンちゃんに痛みや副作用という健康面の負担や不安は本当にないのか?

また、癌やアレルギー発症例がないのかどうかも調べてみました。

 

犬マイクロチップに痛みや副作用はない?

犬マイクロチップを装着するということは、体内に精密機器をいれるということ。

そもそも健康なのに医療行為を施すのはかわいそうと感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、生体販売業者では装着して販売することが義務化され、海外では付けている証明がないと入国拒否すらされることも。

特にヨーロッパでは、できる限り迷子犬の返還や安易な動物遺棄の抑制に力を入れています。

ペットの命にも尊厳があるということですね。

しかし、犬マイクロチップを入れてワンちゃんに痛みや、その後の副作用もなく、愛犬が健康に過ごせるのでしょうか?

ペルル
ペルル
ペルルも入れたけど、元気いっぱいだワン!

 

犬マイクロチップの装着は痛い?

犬マイクロチップはやや大きめの注射器型のインジェクターと呼ばれる道具を使って、大体首辺りの背中側皮下に埋め込みます。

私たちだって注射が痛くないかと言われたら、刺す時はちょっとチクっと痛いですよね。

普通の注射針より太い0.8㎜ほどの針を刺して挿入するので、さすがに針を刺す時は痛いでしょう。

とは言え施術は一瞬なので、そのまま装着完了するワンちゃんがほとんど。

ものすごく怖がりさんや痛みに弱い子は、局所麻酔を使用したり、不妊手術時に一緒に装着することもあります。

ただし、局所麻酔も注射であることに変わりませんし、麻酔は装着料金に加えて別途料金がかかるので、施術のタイミングについては獣医さんと十分相談してください。

 

日本獣医師会ではマイクロチップによる副作用の報告は無い

調べてみたところ、日本獣医師会ではマイクロチップによる副作用の報告は無いと説明しており、大体どこの動物病院でも同じような説明です。

マイクロチップが原因となっている副作用は実際かなり例が少ないのでしょう。

日本国内においては、今のところマイクロチップが原因となっている副作用やショック症状の報告は無いと言うこと。

私個人的な意見ですが、今のところ犬マイクロチップの副作用の危険性はかなり少ないけれど、完全に0というわけではないという結論かと。

これから装着率も上がると予想されるので、もしかすると今後報告はあるかもしれませんね。

 

犬マイクロチップで癌やアレルギーの危険性と健康面の負担はある?

犬マイクロチップの装着後に痛みや副作用は今のところ大きな報告はないということが分かりました。

実際うちのペルルも全く気にすることなく元気に過ごしております(笑)

それでは装着後に犬マイクロチップが原因で悪性腫瘍いわゆる癌になったことや、アレルギーを発症したというような健康面での負担はないのでしょうか?

アレルギーなどが出てしまったら大変ですもんね!

装着後のワンちゃんの健康面についても調べてみました。

 

海外では癌やアレルギーの発症例はある

飼い主情報を照会することで、生体販売業者や飼い主のペット管理責任向上に繋がると考えられている犬マイクロチップ。

ヨーロッパやアメリカでは随分前から義務化されているので、日本の装着率よりずいぶん高いのです。

そんな中、イギリスやアメリカの獣医師会では非常に危険性は低いものの、癌を発症する可能性はあると発表しています。

今時点で可能性は示唆していますが、発症例は報告されていません。

アレルギーによるショック症状は今のところ海外で2件の報告があるようですが、全体数を考えるとかなり低いのではないでしょうか?

癌もアレルギーもかなり危険性は低いと言えますが、医療行為である限り0ではないということは頭に入れておきましょう。

 

マイクロチップの移動で違和感や炎症の可能性あり

犬マイクロチップが原因での発癌やアレルギー症状の報告例は極めて少ないことが分かりました。

他にもしワンちゃんの健康面で負担になるとすれば、体内でマイクロチップが移動してしまうことです。

皮下移動なので筋繊維を傷つけることはありません。

海外では稀に足の付け根辺りに移動してしまい、ワンちゃんの歩行時に違和感を感じたり、炎症を起こすことはあると記していますので、こちらも可能性が0ではないことは覚えておきましょう。

 

まとめ

ここまで犬マイクロチップを装着するときに痛みや副作用がないか、癌やアレルギー発症などの危険性はあるのかについてお話してきました。

いかがでしたでしょうか?

ママ
ママ
危険性は完全に0ではないけど、今のところ副作用などの報告は無いんだって
ペルル
ペルル
痛いのは嫌だけど、もう入っているかどうかわかんないワン!

体内に異物を装着するのですから、ワンちゃんの健康面で負担にならないのか。

飼い主さんなら心配ですよね!

こちらの記事に行きついた方はきっと愛犬思いの優しい飼い主さんだと思います♪

今のところ大きな危険性は認められておりませんので、不安な方はかかりつけの獣医さんとしっかり話し合われて装着するかどうかを決められたらいいと思います。

それでは『犬マイクロチップに痛みや副作用はない?癌やアレルギーの危険性と健康面の負担はある?』はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。