犬種

マルプーの値段は高い?ペットショップで人気の色でも格安の理由は?

マルプー 値段 高い ペットショップ 人気 色 格安
Pocket

マルプーは人気のミックス犬ですよね。

けっこう周りでも飼ってる方も増えてきました。

チワ代
チワ代
最近よく見るよね!
プー子
プー子
色がミルクティみたいでとってもかわいい♪

人気犬種と言うことは、マルプー子犬の値段は高いのでしょうか?

お値段を調べてみて、びっくりする人も多いみたい。

さらに人気の色で多少値段も変わります。

しかし、人気の色であるにもかかわらず、ペットショップで格安で売られている場合もあるんですよね。

マルプー子犬の値段は高いのか?

ペットショップで人気の色なのに格安で売られている場合は何か問題があるのかも、調べてみました。

 

マルプー子犬の値段は高い?

ブリーダーとペットショップで多少差はありそうですが、マルプー子犬の値段は高いのでしょうか?

やはり人気犬種ともなると、子犬のお値段は高そうですよね。

マルプー子犬の値段相場を調べてみました。

 

マルプー子犬の値段相場を人気カラー別に紹介!

マルプーの値段を人気カラー別に見ていきましょう!

ペットショップブリーダー
レッド系25~35万円40~50万円
ホワイト系20~30万円35~40万円
ブラック系15~20万円25~35万円

あくまでも目安です。

個体によってはペットショップで50万円以上する子犬もいました。

恐らく毛色や、顔だち、大きさなどで変わるのではないでしょうか?

スタンダードが無い分、価格設定が店ごとに全くちがう犬種なので、もし購入を検討されるなら数件調べてみた方がいいかもしれません。

 

マルプーの値段は高いが血統書は付かない!

通常純血種の犬は、血統書が付き、スタンダードに基づいて質を判断し、健康状態が良好であれば高額となります。

しかし、マルプーにはそれらがありません。

にもかかわらず、純血種と同等の価格がつく理由は、人気犬種だからでしょう。

販売業者は商売なので、人気犬種には高額設定しますよね。

血統書が付かないのは、公式に認定されている犬種ではない、いわゆる「雑種」扱いだからです。

存在しない犬種に血統書は発行できません。

また遺伝的疾患が出る確率が格段にあがる二世交配も禁じられています。

おのずと血統書の必要性が無いとも言えますね。

 

マルプーがペットショップで人気の色でも格安の理由は?

ときにはペットショップでマルプーが格安で売られている場合があります。

人気の色なのに格安になっていたら、ちょっと気になりますよね。

格安にされるにはそれなりの理由がありそう。

人気カラーのマルプー子犬がペットショップで格安にて売られている理由を調べてみました。

 

マルプーがペットショップでも格安の理由は?

マルプー子犬が人気の色なのに格安で売られている場合有ります。

そもそも犬には値段が無く、ペットショップで自由に値段を付けられるんですね。

ペットショップで子犬が格安設定されている時は大体理由があります。

まずは生後6ヵ月以上を越えてしまった売れ残りでしょう。

子犬の売れ時は短く生後半年を過ぎると徐々に値段が下がり始めて売れ残りとなります。

生後8ヵ月でほとんどの犬が成犬サイズになってしまい、そうなるとかなり格安の値段がつけられることに。

そもそもマルプーは公式認定されていない犬種なのでスタンダードがありません。

スタンダードから外れているからという理由は格安の理由にはならないし、先天性疾患もみつかりにくいでしょう。

それなのにマルプー子犬が格安だったら、明らかに外見的に疾患があるなど健康上の理由がある場合があります。

購入する場合は、しっかり格安の理由を確認した方がよさそうですね。

 

マルプーの値段についてSNSの情報紹介!

マルプーはお店によって値段が様々だと感じました。

12~50万円までかなり幅広い!

中には70万円もしたという子もいましたよ。

人気犬種、恐るべしですね…

 

まとめ

ここまでマルプー子犬の値段は高いのか?

ペットショップで人気の色なのに格安で売られている子犬には理由があるのか調べてみました。

いかがでしたでしょうか?

プー子
プー子
血統書つかないのに、けっこうお高いね!
チワ代
チワ代
これだけ人気だから公式になる日もくるんじゃない?

大体20~30万円程度するマルプー子犬ちゃん。

公式で認められていない犬種なのに、相当人気だということを物語ってるかも。

スタンダードが無い分価格設定が店舗側の自由ということなので、購入の際はしっかり見極められることをおすすめします。

それでは『マルプーの値段は高い?ペットショップで人気の色でも格安の理由は?』はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。