コーイケルホンディエ

コーイケルホンディエは抜け毛がスゴイ?トリミングの頻度や普段のお手入れ方法を紹介!

コーイケルホンディエ 抜け毛 トリミング 頻度 手入れ
Pocket

コーイケルホンディエという犬種をご存じでしょうか?

オランダが原産で、日本では100頭くらいしか登録が確認されていない希少な犬種です。

コーイケルホンディエは頭数が少ない分、抜け毛のお手入れやトリミングの頻度ついてはあまり知られていませんよね?

コーイケルホンディエは毛が長くて優雅なイメージがあるね!
まだまだ知られていないことが多いワン

有名人が飼っているということで、同じ犬種を飼いたいと思った人も多いのではないでしょうか?

コーイケルホンディエは抜け毛が多いのか、トリミングはどれくらいの頻度ですればいいのか気になりますよね。

今回はコーイケルホンディエの抜け毛のお手入れやトリミングの頻度について調べてみました。

 

コーイケルホンディエは抜け毛がスゴイ?

大谷翔平選手の影響でコーイケルホンディエを飼ってみたいという人が増えているようですね。

もし今からコーイケルホンディエの子犬を飼いたいなと希望しても数年かかるそうですよ!

そんなに長くかかるの!?

実際に迎える前に抜け毛やお手入れの難易度を知っておきたいですよね。

コーイケルホンディエは毛がダブルコートの犬種です。

ダブルコートというのは、被毛が2層になっていること。

固めで長いオーバーコート(上毛)と柔らかい綿毛のようなアンダーコート(下毛)の二重構造になっているものをダブルコートと呼びます。

春から夏にかけて、アンダーコートがごっそり抜けるんです。

部屋が大変なことになりそうだね。

コーイケルホンディエもダブルコート犬種になるので、抜け毛はある程度覚悟しましょう。

日頃からブラッシングをして余計な毛を取り除いてあげることが必要ですね。

 

コーイケルホンディエの被毛はどんな特徴?

コーイケルホンディエの被毛は少し長めで柔らかいのが特徴。

毛色は白地にオレンジレッドのまだら模様があります。

耳の先の毛が少し長くなっているのが印象的で、イヤリングと呼ばれているんだそう。

イヤリングつけてるなんてオシャレだワン

コーイケルホンディエはなんと被毛の完成までに2年間もかかるんだとか!

毛はダブルコートですので、抜け毛はある程度覚悟しましょう。

しかし、柴犬などのように永遠に抜け続けて大変!というほどの抜け毛量ではありません。

毛が長くて絡まりやすいので、日々のブラッシングが大切になってきますね。

 

コーイケルホンディエの換毛期はいつ?

コーイケルホンディエは被毛が2層のダブルコートということが分かりましたね。

ダブルコートの換毛期は、春から7月にかけてと秋から11月頃にかけての年2回と言われています。

しかし、最近は室内飼育が増えたことで寒暖差を感じにくくなっているので、はっきりした換毛期というよりも1年中抜ける子も増えているんですよ。

実際我が家のわんこも1年中抜けていて、1日に何回も掃除機をかけなくてはならず大変でした!

 

コーイケルホンディエのトリミングの頻度や普段のお手入れ方法を紹介!

コーイケルホンディエは長い毛が印象的で、気品があって賢そうな顔をしています。

しっぽや耳の毛がとてもゴージャスですよね!

あれはオシャレでカットしてるのかな?

しっぽと耳の毛が長いのは、トリミングで整えているわけではなく、コーイケルホンディエの特徴なんですよ。

コーイケルホンディエはトリミングは必要なのか、普段から気をつけたいお手入れ方法はあるのかを調べてみました。

 

コーイケルホンディエのトリミング頻度は?

コーイケルホンディエは基本的にトリミングサロンでのカットが必要ない犬種です。

シャンプーは1ヶ月に1回程度が理想。

爪や足裏の毛などは定期的に切ってあげましょう。

毛が絡まりやすいので、シャンプー前にもしっかりブラッシングしてあげてくださいね。

絡まったまま洗うと汚れがちゃんと落ちないワン

耳が垂れているので、通気性が悪く外耳炎になりやすい犬種です。

1週間に1回は耳の汚れをチェックしてあげてくださいね。

 

コーイケルホンディエの被毛で日々のおすすめお手入れ方法は?

コーイケルホンディエは体臭があまりきつくない犬種なので、シャンプーは1ヶ月に1回で十分です。

カットなども必要ありませんので、トリミングサロンに通わなくてもすみますね。

コーイケルホンディエは被毛が長めです。

特に尻尾は、狩りの時に揺らしてカモをおびき寄せていたと言われるほどふわふわでゴージャス。

しっぽが狩りに役立っていたんだね!

その分絡まりやすいので、日々のお手入れで一番大切なのはブラッシングと言われています。

特に秋~冬にかけては枯れ葉などが体につきやすいですよね。

お散歩の後はブラッシングしてあげるといいでしょう。

静電気で毛が散らかってしまう場合は、グルーミングスプレーを使ってあげると毛が舞うのを防げますよ。

 

まとめ

今回はコーイケルホンディエの抜け毛やトリミングの頻度について調べてみました。

ダブルコートの犬種なので抜け毛はある程度覚悟しておきましょう。

しかし、トリミングサロンでのカットは必要ありません。

シャンプーの頻度も多くないのでお手入れはそこまで難しくなさそうですね。

家で自分で洗ってあげられるね!

コーイケルホンディエの日々のお手入れで一番大切なのはブラッシング。

長く柔らかい毛は絡まりやすく、放っておくと毛玉になってしまいます。

毛玉ができると痛いんだワン

毛玉ができて自慢の毛をカットするのはもったいないですよね。

ブラッシングは毎日がおすすめですが、最低でも1週間に2~3回はとかしてあげましょう。

こまめなブラッシングが抜け毛対策にもなりますよ!

それでは『コーイケルホンディエは抜け毛がスゴイ?トリミングの頻度や普段のお手入れ方法を紹介!』はここまで!

最後までお読み頂きありがとうございました。

全ての犬たちが幸せに暮らせますように。