犬散歩

犬の散歩で挨拶はなぜ必要?話しかける人と話しかけられたくない人で気をつけることは?

犬の散歩 挨拶 なぜ必要 話しかけられたくない 話しかける 気をつけること
Pocket

日々の散歩は、愛犬とコミュニケーションをとるための大切な時間です。

みなさんは愛犬との散歩中、他の犬を連れた飼い主さんと挨拶を交わすことはありますか?

すれ違う他の飼い主さんに、自然と話しかける人もいるでしょう。

一方で、話しかけられたくないと感じている飼い主さんもいます。

hana
hana
他の飼い主さんに挨拶を返すのは面倒だなぁ~

愛犬との散歩に集中したいのに、話しかけられて困る!

という人にとって、他の飼い主さんに話しかける人の行動は理解しづらいものがあります。

犬の散歩で挨拶をすることは、他の飼い主さんに話しかける人にとってなぜ必要なのか。

その理由がわかると、話しかけられたくない人も話しかける人に対する印象が変わるかも知れません。

話しかける人と話しかけられたくない人、きっとお互いに気をつけることがあるはずです。

そこで今回は、犬の散歩で挨拶はなぜ必要か?

また、話しかける人と話しかけられたくない人で気をつけることは何かをまとめてみました!

 

犬の散歩で挨拶はなぜ必要?

愛犬との散歩中、日常的に他の飼い主さんと挨拶を交わす人がいます。

その反面、飼い主同士の挨拶を億劫に感じている人がいるのも事実。

hana
hana
朝は特に忙しいから声をかけないでほしい。

どちらが悪いということでは決してありませんよね。

挨拶をする人の考えが分かれば、挨拶されることを苦手に思う人の負担も少し軽くなるかも知れません。

まずは犬の散歩で挨拶をする人にとって、その行為はなぜ必要なのか考えていきましょう!

 

犬の散歩で飼い主同士は挨拶する?

犬の散歩では、飼い主同士での挨拶をする人としない人どちらもいます。

モリコ
モリコ
必ず犬連れの人に会ったら挨拶しているよ!

という人にとって、挨拶は特別ではなく当たり前のこと。

お互いに愛犬の散歩をしているので、親近感を抱いているのかも知れません。

犬連れに人気の散歩コースや公園では、飼い主同士挨拶し合う光景をよく見かけます。

きっと飼い主同士で挨拶を交わすということが習慣になっているのでしょう。

挨拶することが習慣化している人の中には、残念ながら挨拶しない人のことをよく思わない場合もあります。

hana
hana
理由があるのに、挨拶しないだけで感じ悪いと思われるなんて心外だなぁ。

そのような風潮があるのは悲しいことではないでしょうか?

挨拶は決して相手に強要するものではありません。

基本的に飼い主同士の挨拶はしてもしなくても良いのです。

散歩の時間はあくまでも愛犬のためにあるもの。

そのことを思い出しながら、愛犬との散歩の時間を楽しめると良いですね!

 

犬の散歩中に知らない人に挨拶されたらどうする?

自分一人で歩いている時は、ご近所さんでもない限り知らない人と挨拶を交わすことは滅多にない。

それなのに、犬の散歩中となると挨拶される頻度が増えるのは不思議ですよね!

hana
hana
知り合いでもないのに犬連れってだけで、何で挨拶を返さなきゃいけないの?

挨拶をする人はどうして見ず知らずの自分に挨拶をしてくるのか。

その理由の一つとして、犬同士の挨拶をさせたいという飼い主さんがいます。

犬同士の挨拶をさせる際、断りなく愛犬を相手の犬に近づけることはトラブルが起こる恐れもありマナー違反。

そのため、まずは飼い主さんに挨拶をして様子を窺うことが一般的です。

しかし、犬同士の挨拶を望まない人にとっては、飼い主同士の挨拶もいらないように感じますよね。

特に朝の忙しい時間帯は、そのまま立ち話になると困るでしょう。

そんな時は相手からの挨拶にオウム返しで対応したり、軽く会釈をしたりして立ち去って良いと思います!

無理をせずにマイペースで愛犬との散歩に臨んでくださいね。

 

犬の散歩中で話しかける人と話しかけられたくない人で気をつけることは?

犬の散歩中で話しかける人と話しかけられたくない人、どちらにも理由があります。

自分と考え方が違うと、つい相手の行動に疑問を持ってしまうもの。

特に話しかけられたくない人は、誰かに声をかけられることを負担に感じてしまいがちです。

そのせいで愛犬との散歩の時間が憂鬱になってしまってはもったいない!

お互いの理解が持てるように気をつけることはあるのでしょうか?

それぞれの気持ちがわかると、相手に対する見方が少し変わるかも知れないですね。

では、話しかける人と話しかけられたくない人の理由を見ていきましょう!

 

犬の散歩中で話しかけられたくない人の意見紹介!

犬の散歩中で話しかけられたくない人は、どのようなことを感じているのでしょうか?

みなさんのご意見を見ていきましょう!

30代 会社員
30代 会社員
うちの愛犬は怖がりだから、極力他の犬には関わらないようにしているよ。
40代 主婦
40代 主婦
朝はとにかく忙しいから、犬の散歩中で話しかけられるのはちょっと…。
50代 自営業
50代 自営業
毎回誰かに話しかけられることを考えると、愛犬の散歩に行くことが億劫になってしまった…。
20代 フリーター
20代 フリーター
単純に知らない人に話しかけられるのは怖い。
10代 学生
10代 学生
犬連れってだけで話しかけられても迷惑だなぁ。

愛犬との散歩に集中したい人にとって、話しかけられることは負担になっているのでしょう。

状況によっては、わざわざ人通りの少ない時間帯や散歩コースに変更する人もいます。

気持ちを理解してもらえず、一方的に話しかけられたくない人は感じが悪いと思われるのは不本意ではないでしょうか。

話しかける人にも話しかけられたくない人がいるのだということが、もっと浸透すると良いですね。

 

犬の散歩中で話しかける人の理由は?

普段から他の飼い主さんに話しかける人は、そのまま会話が弾んで立ち話に発展することもしばしば!

どのような理由で他の飼い主さんに話しかけるのでしょうか?

  • 愛犬の社会化のために犬同士の挨拶をさせたい。
  • お互いの存在を知らせ、犬同士のトラブルを防ぐ。
  • 顔馴染みだから挨拶しないのはかえって不自然。
  • 話をするきっかけを作り、犬に関する情報交換をする。
  • 単純に挨拶をすると気分が良いから。

このようにさまざまな理由があって話しかけているということが分かりました!

また、他の飼い主さんに話しかけることによって愛犬を守れるケースもあります。

例えば、散歩中に愛犬とはぐれてしまったり、自宅からいなくなってしまった場合。

普段から他の飼い主さんと交流があると、街中で迷子になった愛犬が無事に保護される可能性が高くなります。

hana
hana
あのワンちゃんは、いつも会う飼い主さんとこのポチちゃんだ!

実際、いつも会う飼い主さんに愛犬を見つけてもらったということも!

このようなこともあるので、話しかけられたくない人も負担にならない程度に返答してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

犬の散歩で飼い主同士が挨拶を交わすのはよく見かける光景です。

しかし、他の飼い主さんとの関わりを負担に感じる人もいるでしょう。

今回、日常的に挨拶をする人にとって、その行為はなぜ必要なのかが分かりました。

また、挨拶をしない人にもきちんとした理由があります。

hana
hana
みんな考え方が違って当然だよね!

他の飼い主さんに話しかける人は、その行為が迷惑になる場合もあるということを念頭に置く。

そして、話しかけられたくない人は時々負担のない範囲で挨拶を返してみる。

お互いに気をつけることは、相手の立場を一方的に否定しないことではないでしょうか。

犬の散歩で挨拶をするのもしないのも選択は自由なのです!

それでは犬の散歩で挨拶はなぜ必要?話しかける人と話しかけられたくない人で気をつけることは?はここまで!

この記事がみなさんと愛犬たちとの生活に役立ちますように。

またお会いしましょう!