犬の飼い方

犬は雨で濡れるのは平気?散歩で震えるなら風邪をひいて危険?

犬 雨 平気 濡れる 散歩 震える 風邪
Pocket

雨が降っているときの犬の散歩って大変ですよね。

そもそも犬は雨に濡れるのは平気なのでしょうか?

ズブ濡れでぶるぶる震えるのを見ていると、とても平気ではなさそう…。

毛が長い犬種は濡れると乾かすのも一苦労ですし、震える姿を見ると風邪をひいたのではないかと心配になります。

さすがに雨が降っていたら散歩には行かないという方も多いでしょうか。

でも一方では、排泄の習慣や運動不足でストレスを感じやすいなどの理由で、雨でも散歩に行かざるを得ない子もいますよね。

雨に打たれながらも平気な顔で散歩をしている逞しい犬も見かけますが、風邪をひいてしまうことはないのでしょうか?

この記事が、雨の日の散歩でお困りの方のお役に立てば幸いです。

 

犬は雨で濡れるのは平気?

雨の中、元気に散歩をしている犬を見ることは多いですよね。

最近では犬用のレインコートや傘付きのリード、さらには長靴といった、雨の日に散歩に行くことを前提とした商品が多く登場しています。

これらは雨の日でも散歩に行く犬が多いからこそ世に出回るようになったと思われますが、そもそも犬は雨に濡れるのは平気なのでしょうか?

ここではそんな疑問にお答えし、さらに犬が雨に濡れることで起こる意外な悪影響について触れていきます。

 

犬種で雨に対する強さが違う!

犬種によって雨や濡れることに対する強さは違います。

古くから猟犬や牧羊犬として活躍してきた犬種は、雨でも仕事を行わなければならなかったので、比較的濡れるのも平気なことが特徴。

代表的な牧羊犬
  • ボーダーコリー
  • シェットランドシープドッグ
  • ジャーマンシェパード

代表的な猟犬
  • ビーグル
  • ダックスフント
  • ボルゾイ

また、犬の毛の生え方はシングルコートとダブルコートの2種類に分類されるのはご存じでしょうか?

犬は同じ毛穴から複数の毛が生えており、太くて長いオーバーコートと、細くて短いアンダーコートの2種類を持つ犬種はダブルコートに分類されます。

一方、シングルコートの犬種にはアンダーコートが生えていません。

ダブルコートは撥水性に優れており、地肌まで水が浸透しにくいです。

つまりシングルコートの犬種と比べて寒さに強いので、雨に濡れることにも耐性があるといえるでしょう。

代表的なダブルコートの犬種
  • チワワ
  • 柴犬
  • ゴールデンレトリーバー

代表的なシングルコートの犬種
  • トイプードル
  • マルチーズ
  • ヨークシャーテリア

こうしてみると、意外と見た目では判断が付きづらいことがわかりますね。

今回例に挙げた以外の犬種を飼っている方は、その子がどちらのコートなのかぜひ調べてみてください。

気を付けてほしいのは必ず個体差があるということです。

犬種だけで判断するのではなく、ワンちゃん自身の様子を見て、雨に濡れるのが平気かどうか判断してあげましょう。

 

犬は雨で濡れると臭くなる?

犬が雨に濡れると変なニオイがしてきたという経験はあるでしょうか?

結論からするとこれは微生物によるものです。

犬の毛には様々な細菌やバクテリアが棲みついており、それだけでは特に問題はありません。

ただ、水に濡れることで起こる化学反応により、こうした微生物がニオイの素となる物質を空気中に大量放出します。

さらに微生物の死骸や排泄物もそこに加わることで独特のニオイになることがわかってきました。

また、ニオイだけならまだしも濡れたまま放置するのは危険で、雑菌が繁殖しやすい環境となってしまい皮膚病の原因にもなります。

ですので、雨の日の散歩から帰ってきたらタオルで拭くのはもちろん、嫌がらないのであればドライヤーも使ってしっかり乾かしてあげてくださいね。

 

犬が雨の日の散歩で震えるなら風邪をひいて危険?

雨の日の散歩中に、犬がぶるぶると震えるという経験をしたことはないでしょうか?

人間基準で考えるなら、雨に濡れることで震えるのは体温が奪われて強い寒気を感じているから。

そのまま熱が出てダウンなんてこともありますね。

ということは犬も同様に風邪をひいてしまうことがあるのでしょうか?

また、犬が震えるのには様々な理由が考えられますが、その中には危険なサインも含まれているので、どういった場合に震えるのか見ていきましょう。

 

犬は雨の散歩で風邪をひく?

厳密にいえば人間とは異なるウイルスが原因で、風邪のような症状がみられる場合があります。

とはいっても、雨に濡れることで体表面から熱が奪われて体温が下がり、免疫力が低下してウイルスに負けてしまうというメカニズムは人間と同じ。

いくら散歩が好きでも、雨に濡れるとぶるぶる震えるのであれば、それは寒さを感じている証拠なので注意が必要です。

もしかして風邪かな?と思う症状が見られたらすぐに獣医師に相談しましょう。

犬の風邪を疑う主な症状
  • くしゃみや鼻水、咳といった呼吸器症状
  • 下痢や嘔吐といった消化器症状
  • 食欲不振や元気がない、散歩に行きたがらないなどの他覚症状

 

犬が震えるのはどんな危険のサイン?

実は犬にとって震えることは寒さを感じている以外にも様々な意味があります。

それではここで犬が震える原因を見ていきましょう。

  • 寒さ
  • 強いストレス
  • 不安、恐怖、警戒
  • 痛み(外傷から病的なものまで)
  • 脳の障害
  • 内臓の疾患

この中で本当に怖いのは脳の障害や内臓の疾患を起こしている場合です。

また痛みも飼い主ではどうにもできないので、痛みで震えているとわかる場合や、震える理由がわからないときにもすぐに獣医師に相談しましょう。

犬は人間と違って具合が悪いことを訴えてはきません。

それどころか少しの不調は隠そうと振る舞うので、震えるというのはそれが隠せなくなった証拠でもあるのです。

ですから、飼い主として普段からワンちゃんの様子を観察して、異変があったらすぐに気付いてあげられるようにしたいですね。

 

まとめ

今回は犬が雨に濡れることは平気なのかについてお話ししてきました。

濡れるのが平気なシングルコートのワンちゃんもいれば、猟犬がルーツのワンちゃんが雨具を着てぶるぶる震えることもあります。

犬種によって雨に濡れることへの強さは違うとお話ししましたが、大事なのはワンちゃん自身の反応を見てあげること。

雨でも散歩に行きたいと愛犬からせがまれたら、飼い主としては連れていってあげたいところですよね。

運動不足でストレスが溜まってしまうのが心配な子や、室内で排泄する習慣がなくて、雨でも散歩に行かざるを得ない場合だってあります。

雨の中散歩に出たはいいが、ワンちゃんが震えるようなら風邪をひいてしまうかも。

そうでなくても濡れたまま放置すれば悪臭や皮膚病の原因となってしまうので何かと大変な雨の日の散歩。

でも泥がはねた部分を洗ったりタオルやドライヤーで乾かしたりすることで、こういったリスクを少しでも軽減することができます。

大変だと思いますが、可愛い愛犬の為にできることは最大限してあげましょう。

もちろん飼い主さん自身も風邪には十分に気を付けてくださいね♪

それでは『犬は雨で濡れるのは平気?散歩で震えるなら風邪をひいて危険?』はここまで!

この記事を読んで、ひとりでも多くの方に「ためになった!」と思っていただけたら、とっても嬉しいです!