資格

ペットシッター資格取得に年齢制限ある?未経験でも取れるか難易度・合格率も紹介!

ペットシッター 資格取得 年齢 未経験 難易度 合格率
Pocket

みなさんペットシッターをご存じですか?

飼い主さんの代わりにペットのお世話を代行してくれる人だワン!

最近は、1人暮らしや共働きでもペットを飼う人が増えて、ペットシッターの需要が高まっています。

それに伴いペットシッター資格取得を目指す人も増えているんですよ。

今とても注目されている、ペットシッターの資格取得について、年齢制限や未経験でも取れるのか、また難易度、合格率について深堀りしたいと思います。

ペットシッターを目指すならやっぱり資格はあったほうがいいわね!

ペットシッターの資格を取るのに、受験に年齢制限はあるのでしょうか?

また実務未経験だからと資格をあきらめている人もいるかもしれません。

未経験の30代でも可能かしら?

そして試験の難易度や合格率もみなさんとても気になりますよね?

今回はペットシッターの資格取得を、様々な角度から見ていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ペットシッター資格取得に年齢制限ある?

ペットシッターの資格取得に、年齢制限の上限はありません

何歳からでも挑戦できるワン!

そしてペットシッターの資格は、国家資格ではなく民間の資格になります。

ペットシッターの資格は団体、協会ごとに何種類もあるのよ!

様々な民間資格がありますが、今回はペットシッター士について見ていきたいと思います。

※ペットシッター士とは特定非営利活動法人日本ペットシッター協会の認定資格

受講方法は以下の通りです。

(※2023年2月現在の情報です。詳しくは協会にお問い合わせください。)

種類期間費用場所
通信講座6か月71,500円自宅
通学6日間126,500円本校舎(東京)
カルチャースクール自宅学習+2日間講習会73,700円全国カルチャースクール

※費用は全て税込

3つの方法で受講できて、最終日にペットシッター士の認定試験があります。

では、ペットシッター士の資格について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

ペットシッター資格の受験は何歳から受けられる?

ペットシッター士の資格取得の年齢を協会に問い合わせた所、厳密な決まりは無く、高校生が今のところ最年少。

ご高齢の方はご自身の判断でということでした。

詳しくは、協会にお問い合わせください。

高校生でも勉強して資格が取れるのね!

ペットシッター士は高校生から受講・受験が可能で、年齢の上限は無いので、幅広い年代でチャレンジできますね。

社会人でも、学生でも取得可能な資格です!

 

ペットシッター資格取得は30代では遅い?

ペットシッター士の資格取得ですが、30代でも遅くありません

仕事自体の需要も多く、30代・40代で資格を取り、独立して活躍している人も多いですよ。

将来独立を目指す人におすすめの仕事と資格なのね!

30代は、キャリアチェンジを模索したり、中には結婚・出産などで、ライフスタイルや働き方が変わって、転職を考えることもあるでしょう。

そんな時ペットシッター士は通学・通信・カルチャースクール講座と自分に合った受講方法を選べるメリットがあり、30代にも人気です。

また受講期間も短期間なので、仕事や家庭と両立しやすく、30代以降でも十分目指せる資格と言えますね。

 

ペットシッター資格は未経験でも取れるか難易度・合格率も紹介!

ではペットシッター士試験の気になる難易度や合格率はどの位なのでしょうか?

調べたところ、難易度は比較的低く合格率は驚異の90%以上。

授業は動物学・しつけ・医療・ビジネスマナー・経営・ペットの法律など必要な知識を多岐にわたり学びます。

いまから勉強をしてついていけるか心配だわ。

せっかく講座を受けるなら、必ず試験には合格したいですね!

私は未経験だから難しいのかしら?

ではペットシッター資格は未経験でも取れるのか、詳しくみていきましょう。

 

ペットシッター資格は実務未経験でもとれる?

ペットシッター士の資格は未経験でも取得可能です。

資格講座の受講は未経験でもOKなので、講座終了後に認定試験に合格すれば、実務未経験でもペットシッター士の資格は取れますよ!

実務未経験でもきちんと勉強すれば、合格は目指せるのね!

ではペットシッター士の資格はこれから働こうと考えている人の他に、どんな人が目指しているのかも見てみましょう。

自宅のペットのお世話をするのに、知識を増やしたいから勉強する人も多くいます。

保護犬などの動物ボランティアをしていて、勉強したいと資格を取る人も!

また、既にペットシッターの実務に就いていて、開業の為に資格を取る人もいますよ。

ペットシッターの開業にあたり【動物取扱業・保管】を申請するには以下の要件が必要になります。

  • 動物系専門学校卒業+半年以上の実務経験
  • 資格+半年以上の実務経験

環境省で認められた資格に、ペットシッター士が該当しているので、開業の為に資格を取る人もいます。

合格すると任意で日本ペットシッター協会の会員になれるのよ!

ペットシッター士の資格はメリットが多く、経験者はもちろん、未経験でも取れる資格ですね。

 

ペットシッター資格試験の難易度と合格率を調査!

次は試験の難易度や合格率を詳しく見ていきましょう。

ペットシッター士の合格率は、公式には公表されていませんが、調べたところ合格率は90%以上です。

合格率の高い試験なのね!

みなさん知識を増やし、合格の為に真剣に学んでいるそうで、きちんと真面目に学習すれば、理解できる内容となっていますよ。

学習内容は、犬や猫との接し方・病気・健康管理・小動物の知識・人畜共通感染症・ペットの法律・飼育管理・愛犬のしつけ・ビジネスマナーなど多岐にわたります。

通信講座でも分からないところは、電話・FAX・メールで質問できるので、安心ですね。

試験内容は【◯×問題と小論文】で、万が一不合格でも再度受験ができます。

受講生の口コミ

20代大学生
20代大学生
自分が飼っていない動物や法律については少し難しかったですが、しっかり勉強して合格しました。
30代会社員
30代会社員
講義で試験に出やすいポイントが分かり、合格できました。スクールは短期間で取れるのがよかったです。
30代主婦
30代主婦
テキストをきちんと勉強すれば、試験自体は難しくないです。コツは小論文をしっかりと書き上げることです。

受講生の口コミや合格率から見ても、きちんと講座を受けて、しっかり勉強すれば比較的、合格しやすい試験ですね。

 

まとめ

今回はペットシッターの資格取得についてみてきました。

資格講座の受講や受験は実務未経験でも可能です。

高校生から受けることが出来て、年齢の上限はないので、幅広い人がチャレンジしやすい資格だと分かりました。

講義も通信・通学・カルチャースクールなど選択肢が広く、比較的短い期間で取得できますね。

また合格率も90%以上と高く、きちんと勉強すれば、難しい試験ではないです。

幅広い年代の人がチャレンジできて合格しやすい資格ね。

ペットシッターは今、需要の高い職業で、これから目指す人も多いでしょう。

仕事自体は資格が無くても働くことが出来ますが、やはり資格があったほうが、飼い主からの信頼度や、就職の際も有利です。

飼い主や職場から信頼してもらう為にも、正しい知識を身に着けておきたいわ。

また、開業する際にも実務と資格が必要になります。

ペットシッター士はメリットが多く合格しやすい資格なので、ペットシッターの職業に就きたい人は、取っておいたほうがいいでしょう。

それでは『ペットシッター資格取得に年齢制限ある?未経験でも取れるか難易度・合格率も紹介!』はここまで!

次回もペルル店長と新しい情報をお届けするので、お楽しみにー!