犬迷子札

犬迷子札のおしゃれなオーダー品が欲しい!人気の素材やデザイン別でも紹介!

犬迷子札 おしゃれ オーダー 素材 おすすめ デザイン
Pocket

万が一の備えで犬迷子札が欲しいんだけど、どうせ付けるならおしゃれなデザインや素材の迷子札が欲しくないですか?

ママ
ママ
ペンダント感覚でおしゃれしたいんだよね~
ペルル
ペルル
オシャレするの⁉なんか緊張(笑)

探して見ると、こだわり派さんはおしゃれなデザインの犬迷子札をオンリーワンデザインでオーダーメイドすることもできるみたい!

おすすめの人気素材も気になりますよね。

現在人気でおすすめデザインや素材の犬迷子札の紹介と、オーダーできるのかも調べてみました!

 

おしゃれな犬迷子札はオーダーできる?

どうせ付けるならおしゃれな迷子札をオーダーしたい!

そんなこだわり派のあなたに、オーダーメイドできるショップにはどんなタイプのものがあるのか調べてみました。

数種類から選ぶセミオーダータイプが多いですが、組み合わせ次第で自分のワンちゃんのためだけのものもできるはず!

他のワンちゃんと差をつけたい飼い主さんは必見です!

 

金属製迷子札は刻印や柄が選べるショップが多い!

オーダーメイドの迷子札で一番多いのは、金属製でペンダントトップタイプでしょう。

手持ちの首輪に付ける犬迷子札単体タイプと、革製の首輪がセットになっているタイプがありますね。

迷子札パーツの素材は、

  • アンティーク調の真鍮
  • 高級感あるシルバー
  • 硬くて丈夫なステンレス

が人気です。

現在ではレーザー彫刻で様々な柄や模様、新しいものではQRコードを彫れる技術もありますよ。

多いのは刻印を一文字ずつ手打ち、オプションでワンポイントお好きな柄を入れられるショップも人気。

外側のデザインは丸型が多いですが、お店によってはハート型や骨型などかわいいデザインも選べますよ!

 

首輪一体型は色柄が豊富!

首輪一体型は、首輪やチョーカー本体に刺繍や刻印などでお名前と電話番号を入れているタイプです。

ぶらぶらする感じが苦手なワンちゃんにおすすめ。

ただし首輪は成長に合わせて買い変えたり、首輪自体が消耗品なので傷むと交換が必要ゆえに、その都度迷子札も作り替えが必要です。

素材は革や布製が多く、カッコいい感じやシンプルデザイン派にはおすすめ。

革は茶色が主流ですが、色や太さが選べることも。

布製ならデニムやプリントで色柄豊富なので、カラフルなデザイン重視の方にはこちらおすすめです!

革は使い込むと柔らかくなりますが、たまにオイルなどでお手入れした方が長持ちしそう。

布は軽くて柔らかいので違和感は少ないですが、臭いがつきやすいです。

体臭がある犬種のわんこなら洗える素材の布製がおすすめです。

 

おしゃれで人気犬迷子札を素材やデザイン別に紹介!

犬迷子札だけをオーダーするタイプや、首輪一体タイプなどがありますが、素材やデザインも気になるところ。

どうせなら飼い主さんの用途と希望に合わせてピッタリの素材のものを選ぶといいですね。

それではどんな素材やデザインがあるのかそれぞれ紹介してきます!

 

本革製迷子札

革は柔らかくて比較的軽く、見た目にもカッコよく手加工しやすいので、オーダーメイドで扱っている作家さんも多いですね。

しっかりお手入れすれば長持ちする素材です。

ただし、布を革に似せて作った合皮もあるので、アレルギー体質のワンちゃんには注意が必要。

使うほどに味わいや深みが出て、革製品が好きなこだわり派さんにおすすめ。

デメリットは愛犬が噛んじゃうと傷みますのでご注意ください。

また、水に弱いので、防水スプレーをしたり、定期的にオイルを塗りこんでお手入れする必要があります。

また本革素材のものは、少しお高めです。

 

真鍮製迷子札

真鍮は、比較的安価で加工がしやすいので人気の金属です。

家具の部材やデニムのボタンと言えばイメージしやすいですかね?

色味も落ち着いたゴールドで、アンティーク調の少し落ち着いた雰囲気になり、革素材などと相性がいいですね!

オーダーメイド迷子札をご希望の方には、オーダーでも比較的お求めやすい価格が多いです。

基本的には酸化で艶が減り、黒っぽく経年変化していく素材なので酸化による黒ずみが気になる方には不向きかも。

使い込むようなアンティーク感を楽しめる方におすすめです。

 

ステンレス製迷子札

硬度があり丈夫で軽い金属のステンレス。

丈夫で変色しない点と、比較的安価な金属素材なところがおすすめです。

しかし、傷がついてしまうと取れないのと、非常に硬いので加工が困難であり、レーザー彫刻でも少し薄くなります。

通常のステンレスは他の金属と同じように、金属アレルギーのあるワンちゃんには不向き。

アレルギーが気になる方は、「サージカルステンレス」という表示のあるものをご利用ください。

真鍮やシルバーのように手作業で切ることは難しいので、ハンドメイドの柔らかい雰囲気よりも、かっちりした印象が好きな方におすすめです!

 

首輪一体タイプ

前述したように、ぶらぶらするのが気になって嫌がるワンちゃんにはおすすめの首輪に迷子札を刺繍、もしくは縫い付けられているタイプです。

また金属プレートをカバンなどのタグのように留め金で留めているものもあります。

通常の首輪のみよりも若干お値段もお高めになることが多いのと、消耗品である首輪やチョーカー本体がダメになると一緒に買い替えなければいけません。

それでも確実に迷子札を付けられるというメリットがあります。

 

シリコンタイプ

丸ごとシリコンゴムで情報を記載したカードなどを挟み込むタイプと、迷子札部分は金属などでできており、取り付け部分のみがシリコンになっているタイプがあります。

首輪に通しやすく、ぶらぶらするのが気になる、かつ首輪は現状のものを使用したい方におすすめです。

シリコンゴムが伸び縮みするので、わりと幅広いデザインの首輪に対応でき、取り付けしやすいのが特徴。

お値段もお求めやすいものが多く、とにかく使い勝手重視の方におすすめ。

 

カプセルタイプ

ペンダントトップ風のカプセルになっていて、中に情報を書いた紙を入れることができます。

たくさん情報を入れたいけれど、個人情報漏洩が気になる方におすすめ。

しかし、比較的大きくなるので、小型犬には少し不向きかもしれません。

こちらはデザインより機能重視であれば100円ショップにもありますので、安価に入手可能。

 

まとめ

ここまでおしゃれな犬迷子札はオーダーできるのか?どんな素材やデザインが人気かについてご紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

ママ
ママ
ペルルの迷子札どれがいいかな?
ペルル
ペルル
ママがおしゃれなの選んでね!

いろんなデザインタイプもあるし、素材でも雰囲気が変わりますね。

ワンちゃんがぶらぶらするのが苦手とか、入れたい情報量によってご希望のデザインや素材を選ばれるといいと思います。

それでは「犬迷子札のおしゃれなオーダー品が欲しい!人気の素材やデザイン別でも紹介!」はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました。