ドッグフード・おやつ

ドッグフードずっと同じは体に悪い?ローテーションとメーカーを混ぜるではおすすめどっち?

ドッグフード ずっと同じ ローテーション メーカー 混ぜる おすすめ
Pocket

今日も美味しそうにドッグフードを食べる愛犬の姿を見ながら、ふと

hana
hana
いつも同じフードをあげているけど、これでいいのかな?

と思ったことはありませんか?

ドッグフードをローテーションした方が良いという話はよく聞きますが、ずっと同じものをあげるのとどちらがおすすめなんでしょう?

それとも、メーカーの違うドッグフードを混ぜる方がおすすめ?

今回はずっと同じフードを使う時の注意点や、ローテーションする場合と違うメーカーのドッグフードを混ぜる時のメリットやデメリットをご紹介します!

 

ずっと同じドッグフードは体に悪い?

いつもあげているドッグフードですが、ずっと同じフードのままでは良くないと言われることがあります。

hana
hana
聞いたことある!でもなぜよくないのかしら?
ペルル
ペルル
ずっと同じごはんだとどうなっちゃうんだわん?

総合栄養食のドッグフードは栄養満点だと思っていたのに、どうしてずっと同じではだめなのでしょうか?

 

ドッグフードはずっと同じ方が長生きする?

ドッグフードには添加物や保存料が使われているため、それらをずっと食べ続けるのは体に影響があるといわれています。

あとは、原材料が不安な場合も。

パッケージに表示はされていますが、実際にはどんな物を使っているのか分からないという心配な面もあります。

栄養が偏ってしまうとの見方もあるほどなんですよ。

hana
hana
だからローテーションした方がいいと言われるのね!

とはいえ、同じドッグフードをずっと食べて長生きしている犬は実はたくさんいます。

老犬だけど、病気もせずに元気に走り回っているという話もよく聞きますよ。

ローテーションしないと、絶対に長生きできない訳ではないんですね。

ただし、愛犬の年齢が変わった時は子犬用から成犬用に変えてあげたり、シニア用に変えてあげた方が良いとされています。

また、病気や皮膚の様子など体調が変わった時には、症状に合わせて変えてあげてください。

 

犬はずっと同じドッグフードだと飽きる?

ずっと同じフードをあげていると、昨日まで喜んで食べていたドッグフードを急に食べなくなることがあります。

今日はこのフードは食べたくないのーって顔をしていたりしませんか?!

愛犬のちょっとしたわがままで飽きちゃったりするんです。

そんな時には、ちょっとだけおやつを混ぜたり、手作りごはんと一緒にあげると喜んで食べてくれますよ。

普段食べているおやつや、おすそ分けしてもらったヒト用のごはんの方が美味しいと知っている時など、いつものドッグフードを食べなくなったりするんですね。

可愛い愛犬のわがままですが、聞きすぎると後で困ったことになりますのでご注意を!

hana
hana
ペルルのわがままを聞くのも、ほどほどにしなくちゃね
ペルル
ペルル
好きなものだけ食べたいワーン

 

ドッグフードはローテーションとメーカーを混ぜるではどっちがおすすめ?

ドッグフードのローテーションの他に、違うメーカーのフードを混ぜるというあげ方もあります。

似ているようで似ていない2通りのあげ方ですが、どちらの方がおすすめなのでしょうか?

hana
hana
どちらでもいいわけじゃないのね?!
ペルル
ペルル
おいしいなら、ペルルはどちらでもいいワン!

 

アレルギー対策にローテーションがおすすめ?

まずはローテーションすることのメリットやデメリットをみてみましょう。

ローテーションのメリット
  • アレルギー発症のリスクをなくす
  • 栄養が偏るのを防ぐ
  • 生産中止や震災などでフードが手に入らない場合に、他のフードでも問題がない
  • 味を変えてあげることで食ムラの防止

ローテーションのデメリット
  • 好き嫌いが増える
  • コストがかかる

ずっと同じドッグフードをあげていると、牛肉やチキンなどのたんぱく質のアレルギーが発症するリスクがあると言われています。

それを回避するためにローテーションが良いのだそうですよ。

今回はチキン、次はラム、そしてサーモンなどの違うたんぱく質が入っているものを選んであげてくださいね。

ローテーションの間隔は、2~3週間や、1ヵ月、1袋なくなった時というように色々と意見がありますが、愛犬の胃腸に負担がかからないよう様子を見ながら調整してください。

 

メーカーを混ぜるならウェットフードやトッピングがいい?

次に、違うメーカーを混ぜたフードのメリットとデメリットをみていきます。

違うメーカーを混ぜたフードのメリット
  • 足りない栄養を補える
  • 食いつきがよくなる

違うメーカーを混ぜたフードのデメリット
  • アレルギーになった場合の特定が難しくなる
  • 摂取カロリーの管理が難しく太りやすい
  • 体内にガスが発生しやすくなり胃捻転になる場合がある

ドッグフードを混ぜるのは危険な場合もあるので注意が必要なようですね。

他の方法として、ウェットフードやトッピングも気になる栄養を補うことができておすすめです。

カリカリのドッグフードは水分不足になりやすいですが、ウェットフードを混ぜることにより水分を補うこともできるんですよ。

ささみや野菜、チーズやヨーグルトの乳酸菌などをトッピングしてあげると喜んで食べてくれます!

ただし、トッピングする量に気を付けてカロリーオーバーに注意してくださいね。

 

まとめ

ここまでずっと同じドッグフードをあげることは愛犬の体に悪いのか?

ドッグフードを違うメーカーを混ぜるよりも、ローテーションやトッピングを加える方がおすすめとお話してきました。

いかがでしたでしょうか?

ただし飼い主さんの考え方や愛犬の体調、体質によってそれぞれ違ってくる場合も。

ドッグフードがずっと同じの方が体調の良い子、違うメーカーを混ぜる方がちゃんと食べてくれる子、ローテーションすると食べない子もいるかもしれません。

だからこそ、飼い主さんがしっかりと愛犬の体調や様子をみて決めてあげてください。

愛犬を守れるのは飼い主さんだけですからね!

判断が難しいときは、かかりつけの獣医さんに相談するといいと思います。

それでは『ドッグフードずっと同じは体に悪い?ローテーションとメーカーを混ぜるではおすすめどっち?』はここまで!

この記事を読んで、少しでも皆さんのお役に立てたらうれしいです!

すべてのわんちゃんたちがハッピーになれますように!